上 海 松 竹 梅 翻 译 有 限 公 司



关键词:中外翻译、英语翻译、日语翻译、韩语翻译、德语翻译、法语翻译、西班牙语翻译、阿拉伯语翻译、意大利语翻译






。。。。

父の愛は山のごとく

   20053103分、父は病苦から解放され、故郷より浄土へ旅立った。阮銀太、享年77歳。  

父の若いころ、世の中は混乱のきわみにあった。人民が辛酸をなめた時代であった。抗日戦争が勃発し、軍閥がはびこり、国共内戦も起こり、抗米援朝の戦争も発生した。その後も「三反五反」あり、反革命鎮圧あり、大躍進あり、三年に渡る天災あり、そしてしまいには文化大革命までも発生した。父の人生はそのほとんどが混乱と不安と貧困に包まれたものであった。  

聞くところによれば、私の曽祖父はアヘン依存症で、そのため家が没落してしまったそうだ。文革中は、いくばくかの資産があり、わずかでも教育水準が高ければ、「土地独占者」とか「富農」とかのレッテルを貼られてとんでもない目に遭わされたものであったが、父は貧農だったため、その難を免れることはできた。とは言っても、それでもやはり時代の悲劇から逃れることはできなかった。  

1957年以降、中国各地では針小棒大に物事を語る傾向が生まれた。「食糧の1ムー当たりの収穫量は千斤、一万斤」などというとんでもない水増し成果の報告が、降る雪のようにひっきりなしに中南海に飛び込んできた。農家出身の毛沢東らでさえも現実離れしたでたらめな消息を真に受け、全国各地にはとっくに罹災者があふれていることも知らないままであった。あるいは知らぬ振りをしていたのか。共産党は鉄鋼の大増産を目指して全国に「大錬鋼鉄」を呼びかけ、原始的な溶鉱炉を用いた製鉄が全国の農村で展開された。全家庭から鉄なべや農具を上納させ、それを溶かして鋼鉄に変えようとしたのだ。

私の郷里もこの災難に巡り合せたことは言うまでもない。村人達はみんな共同の大食堂で食事をとるしかなかった。なんといっても家の台所に鍋がないのだから。すべての人が平等にたらふく食べられるわけではなかった。生産労動に参加する人には一杯の白飯が与えられたが、それ以外には薄いかゆしか配られない人もいたのだ。

私の一番下の叔母は、働きながら生産隊で指導者を大げさに褒めちぎる革命歌を歌わせられたが、そのおかげで白飯を他の人より多くもらえた。叔母さんはこの白飯を袋に詰め、数日おきに家へ帰ってきた。年取った親にそれを食べさせるために。おばあさんは空腹で両足がむくみ、歩けなくなっていた。私の父は飢餓に耐えきれず江西や湖北、近くの望江県を転々とした。その凶作続きの時代には、老人と子供以外はみなほとんどがどこかへ出て行き、命からがら逃げたのだ。生産隊は逃走者の家族に厳しい報復政策を科し、逃走家庭への食料供給を制限した。私の祖父は両眼とも失明していたが、共同食堂からかゆももらえず、その上病魔を振り切れずに、その後無残にも飢え死にした。

父を思い出すと心の中がホンワリと暖かくなるのは私と同年輩の人なら誰しも同じだろう。ある友人は、父と一緒なら、それが避難行であっても安心感があったものだったと言った。荷物はすべて父親が背負い、父についていればご飯が食べられたのだから。当時は列車も車もなく、避難するには自分の脚にたよるしかなかった。わらじ履きに竹かごを担ぎ、父は食を求めて同年輩の村人と一緒に山を越え、川を渡る長旅をした。  

共産党は農民革命によって政権を樹立し、50年代後期に古今未曾有の戸籍法を公布した。中国公民を農業人口とそれ以外に区分して、農民が自由に移動することを厳しく制限したのだ。父はその時、仲間と江西へ避難しようとしていたが、「出境許可証」を持ってなかったため辺境で阻止されてしまった。父たちは許可を取るために慌ただしく太湖県政府のある町まで引き返すはめになった。両足にわらじを履き、両肩に重任を背負って、風の中を行き、雨の中を戻り、一日に50キロの道のりを奔走したそうだ。

その飢きんの頃にも若者が老人を敬い、礼儀を重んじる良き習慣はまだ残されており、世間には素朴さと和やかさがあった。避難の身にあっても、父は仲間の世話をやき、手に入った食料はみんなで分け合った。おばあさんは自分も空腹をかかえて栄養不足で両足がむくむほどだったが、それでもわずかばかりの食料を隣近所の老人と分け合って食べた。自分さえよければ他人はどうでもいいというような、現在の富を得て仁を忘れた金銭万能の社会とははっきりと違う気風があったのだ。  

1957年以降、「闘争哲学」は次第に儒教思想を粉砕していった。文化大革命中、他人を告発すればその功績が認められたし、他人を中傷すれば賞賛されたし、造反者は出世できるとされた。父の友人の戴さんは右派のレッテルを貼られてしまい、周りの親戚知人から村八分にされた。みな自分の身を守ることしか考えず、知らぬ振りを決め込んでいた中で、父だけは以前と変わらずその一家と一緒に食事をし、薪やブタを買えるように手伝ってやった。戴さんは私を見かけるといつも、「おまえの父さんと私は苦楽を共にした仲だ。周りの人は私に知らん振りするけど、おまえの父さんはまったく損得勘定をしないよ」と言ったものだ。  

70年代初頭、中国の農村では相変わらず人民公社の一律待遇制が行なわれていて、活気のない停滞状態にあった。我が家では老人も子供もようやく生き長らえていた。祖母は長患いで寝たきりだった。その祖母に1口の砂糖水を飲ませるために、終いにはテーブルやイスまで売ってお金に換えた。父が店の店員に頭を下げて売ってくれるように頼むのも毎度のことだった。当時は配給制で、砂糖を買うには砂糖用配給切符が必要だったし、油を買うにも食用油配給切符がなければなかったのだ。父はおばあさんのためにひざまずかんばかりにして人に頼み込んだ。

私が子供の頃、我が家はひどく貧しく、やっとのことで毎日を過ごしていた。授業料を払えるだけのお金はなかったが、父はそれでも私と上の姉を学校に行かせてくれた。父は百里も離れた山や林へ行き、薪を拾って来た。ある時、山を下る時に、父はばったりと転んでひざの皮を破ってしまった。背中の薪はずしりと重く身体を押しつぶしたが、やっとのことでむくりと起き上がり、また薪を背負って歩き出した。もうすぐ学校に着こうという時、1人の退役軍人が親切にも父にたばこを1本くれた。父はお礼を言ってたばこを大切そうにポケットにしまい込んだ。そのたばこは学校で薪を受け取る炊事係に渡された。父は炊事係にお辞儀をしてお礼を言った。この薪は私と姉の授業料代わりだったのだ。

冬が来て雪が舞い、北風が骨にしみるように寒くなっても、私たちは薄い綿入れの服しかなく凍えていた。父はみなに黙って町まで出かけて行き、町の人が捨てるかくれるかした古着や靴をもらって帰って来た。私達はその服を着て、家中で宝物を手に入れたかのように喜んだ。父はとても得意げで満足そうだった。私は、父が町の人々がどんなにして田舎者を嫌がったかを面白おかしく話してくれたことを、そのときの父の生き生きとした表情まで鮮明に覚えている。町の人がどんなに豊かで同情心があるか、あるおばさんがどんなにして肥たごを担ぐ農民をからかったか、町の人がニラと麦苗を見分けられなかったことで同じ農民仲間がどんな冗談を言ったか。父はいつもその様子を言葉豊かに語って苦難の生活を楽しさに変えてくれた。去年の冬、私は上海の会社の前でぼろぼろの服を着た老人が廃品回収の大八車を引いているのを見かけた。身を切るように冷たい北風の中で、彼の顔は感覚が麻痺して固まってしまい、震えが止まらないほど凍えていた。父もあの頃はそれと同じだったのではないか?  

人民全体が「愚公移山、改山造田」のスローガンを口にして開墾に努力を重ねていた頃(客観的に言えば中国共産党が大河を整備することは、確かに後世に幸福をもたらすことであるが、盲目的に森林を伐採して段々畑を建設したことは、これから水土流失や洪水氾濫が発生する主な原因となるにちがいない)、両親も毎日山の開墾労働に参加していた。昼休みになると、労働者はみんな揃って食事をした。私は昼休みには学校から家に帰らず、その現場に行って一緒に食事をした。たっぷりよそわれたご飯を、私はがつがつと貪り食ったものだった。その後、大学に進んでからやっとあの時私が食べたご飯は父の分だったことを知った。父は空腹を抱えたまま午後も働いたのだった。

  中国では地区別大学生募集や階級差別化政策が実施されている。農村の教育施設は立ち後れている上に、農民の子供は農作業と家事を手伝わなければならず、その分学習時間が少なくなってしまうのに、農民の子供の大学受験合格ラインは大中都市の学生(21世紀の現在、差別政策はもっとひどくなっている)のそれをはるかに上回っているのだ。それで農村地区の受験生の合格率はとても低い。普通の農民は子供が大学に合格して土地を離れることを望んでいない。それで、父が娘を学校に行かせると聞いて、周りの仲間はみな笑ったものだった。父はなにも反論せず、しかし頑として意思を変えなかった。子供に進学させるためなら自分は空腹もがまんし、父は十数年ひとかけの肉も口に出来ずじまいだった。父は、自分が千万の苦汁を舐めれば天は息子を守ってくださると強情に考えていたのだ。  

大学に進学すると、私は自信満々に時の官僚をさげすむようになった。ある晩のこと、家のドアのすぐそばでラジオ放送を聞いていた。それはあろうことか台湾の番組だった。父はびっくりして真っ青な顔で、私がなぜそんなむちゃをするかとなじった。殺されてもいいのか?と。私はその頃まだほんの若造で血気盛んな短気者だった。どうして父の世代の経験した辛酸を理解できようか?私はみんなの前で父に平然とたてつくというバカをしでかした。「台湾人の平均収入は大陸人の18倍だからね。いろいろ知っておかないとね」私は家を離れてからというもの、深くものを考えずにしゃべる癖がついてしまって、父はハラハラさせられ通しだった。  

父は何の教育も受けていないが、きな臭さや世間の困窮を嘆くだけの教養は持ち合わせていた。テレビで台湾海峡の一触即発状態にある厳しい局面を見ると、きまってやるせなくため息をついたものだった。そして台湾問題を平和に解決できないかと私たちに聞くのであった。同じ中国人同士でまた戦争をするなんて、昔の恨みは忘れるべきで、新たな怨みを生み出すなんてとんでもない、戦争の被害者はいつだって平民庶民なんだから。父は独り言のように言った。  

父は伝統演劇や講談がとりわけ好きだった。『楊家将演義』、『天仙配』、『岳家将演義』など、歴史に残る名作に夢中になっていた。感動すると涙をこらえきれずにいた。いつも「いくら金持ちになっても、地位が高くなっても、金のために仁の心を忘れるようになってしまってはおしまいだよ。たとえば橋梁や道路補修など慈善事業に精を出すようにしなければならないよ」と言った。老人や障害者の物乞いを見かければ、ポケットから小銭を取り出して腰をかがめて与えるのが常であった。  

父はいつも私たちに教えたものだった。今の幸せの根源を忘れてはいけない、と。水を飲む時には井戸を掘った人の苦労を忘れずに、ご先祖さまの恩を忘れてはいけない、と。私は大学へ進むまでは、毎年春節には父と連立って先祖の墓参りに行くのが決まりだった。先祖に対する恩を忘れず、善意から人を助け、恩人に対する感謝の心を持たなければならないと教えてくれた。なにかしてもらったら、それを十倍にして恩返ししないといけない、とも言った。  

最期の20日、父は両眼とも見えなくなった。つばが枯れきってしまい、話をするのも困難になった。急遽故郷へ引き返した私に、父は言葉少なく、かすれた声で言った。「琴ちゃんはいい嫁だよ、大事にしてやりなさい。お義母さんもいい人だ、よくしてあげないと。子供を叱るのはいいが、殴っちゃだめだ。母さんはフトンをちゃんとかけて暖かくしているかい?気をつけてやってな」父はもっともっと言いたいことがあるに違いないのに……  

私は仕事にかまけてばかりで、あまり帰省しなかった。父に会うともっともらしく自分がいかに忙しいかをまくしたてるのがいつものことだったが、父はなにも文句を言わなかった。命の終わりまで、父はあこがれていた上海に息子と一緒に住みたいと願っていたが、私は毎日いくばくかの金のために個人の損得にばかりこだわって、長年ずっと私のために風をよけ、雨をさえぎってくれ、心配してくれ、黙々と祈ってくれていた親への慈しみの心を忘れていた。  

父さん、ありがとう。幾多の苦難の中で手を尽くして進学させてくれて。私の精神の独立と自由は、父さんの苦難に満ちた人生の上に築かれたものだ。

父さん、ありがとう。人としてなすべきことを教えてくれて。父さんの厳格なしつけがあったからこそ、私は悪習に身を染めることもなく向上し続ける強い意思を持ち堪えられたのだ。  

父さん、安心して。きっと母さんを大切にするから。姉さんを支え、妻と子供を幸せにするから。これが父さんの深い恩に報いる一番の道だろう。すべての人が自分の両親をもう少し気にかけるように心がけ、老人には根気よく接するようにしてあげられる世になれば、と願う。  

父の一生は、中国ではごくありふれた農民の人生の縮図だ。私は「敬天、惜地、愛人(天を敬い、地を惜しみ、人を愛す)」という理想を引き継いで宣揚して行こう。見返りを求めず、広い心で中国農民の忠実な代弁者となるのだ。国民の文明開化と公平な正義、台湾海峡両岸の平和のためにいささかなりとも貢献していかなければならない。

天国で父の魂が永遠に楽しく自由であるようにいつまでも……


 




LINK

.....................home....................

E-MAIL:genkisama@sh163.net    szmfy@126.com
tel:021-58315482 58315483 58407362  fax:021-58314026
地址:上海市浦东南路1862弄20号众鑫大厦1802室(200122)
http://www.shszm.com